弱い肌

アトピーで悩んでいる人たちは、やっぱり皮膚が乾燥している人たちがとても多いです。
子供さんがアトピー性皮膚炎という場合、粉をふくくらい乾燥しきっている人たちが多くいます。まずは、同時に起こっているこの乾燥という問題について対処しなければなりません。

皮膚にはバリア機能というものが備わっています。バリアとは、ハウスダスト、花粉、汗、細菌と言った問題から皮膚を守るための機能です。それは皮脂と水分のバランスがしっかり維持できている肌のことをいいます。

乾燥している肌は、つまり健康的でない肌のことを言います。そのような肌は、いろいろな外的刺激に耐えることが出来ない肌になっています。アトピー性皮膚炎の人たちは、ちょっとの刺激を受けるだけで、症状がどんどん悪化してしまうことになります。乾燥がひどければひどいほど、バリア機能は破壊されてしまっているから、外的刺激に弱いと考えてください。

そのような状態の肌をそのままにしておくから、自力で保湿する能力なんてほとんどゼロなのです。悪化状態はただどんどんひどくなってしまうばかりです。そして、同時に肌のターンオーバーのことを考える必要があり、肌の乾燥は、ターンオーバーにも影響を与えることになります。