保湿が大事な意味

アトピー性皮膚炎のとき、保湿がいいと最近特に頻繁に言われるようになり、医師が治療するときも、積極的に肌の湿気を保つための薬が処方されることが多くあります。アトピーと、それとはどのような関係を持っているのでしょうか。その前に、何で、肌が痒くなってしまうのか、そのメカニズムについても勉強をしましょう。

熱が籠もっている皮膚は、乾燥している肌とも言えます。乾燥しているから肌が痒いのです。痒いということは掻きたいということであり、掻けば、皮膚に籠もった熱を幾分緩和状態にすることが出来ます。お風呂に入って、痒くなるのもお風呂によって水分がしっかり保たれているという訳ではなく、水分が逆に蒸発してしまうから、痒くなってしまうことになります。お風呂あがりだから水分がしっかり維持出来ているという大きな間違いを起こさないで、しっかり潤いを保つことが大事です。

アトピーだけでなくてニキビの人たちにも、そのような姿勢はとても大事です。スキンケアの基本とも言えます。オイリー肌の人たちはどうなのでしょうか。オイリー肌って水分が多くて問題のない人たちと思われてしまうかもしれませんが、それも誤解です。むしろ、そのような人たちも、肌に水分が足りなくて、その水分を補おうと皮脂を多く分泌してオイリーになってしまっていると考えることが無難です。乾燥肌の人たちも、オイリー肌の人たちも、肌に水分を補うスキンケアの方法は同じです。